書籍 「プログラム101付き 音声信号処理」サポートページ

2020年12月26日発売の書籍「プログラム101付き 音声信号処理」 サポートページです.

●記事の正誤表

ページ番号
p. 243
リスト8.2
G[i]=1.0;
if(Xamp[i]!=0) G[i]=1.0-lambda[i]/Xamp[i];G[i]=( G[i]+fabs(G[i]) )/2.0;
G[i] = Xi[i]/(1.0+Xi[i]);
if( G[i]>1.0 ) G[i]=1.0;
p. 276
3行目
S(k)=|S(k)|ej∠S(k) S(k)=|S(k)|exp( j∠S(k) )
p. 33
リスト2.5
●信号処理用変数の宣言部
long int   l=0;                 // 正弦波用の時刻管理
double     a, r;                 // 正弦波パラメータ●信号処理用変数の初期設定
r=0.2;                         // 正弦波の周波数●メイン・ループ内 Signal Processing部
a = 1.0 + sin(2.0*M_PI*r*l/(double)Fs);
y_L[t] = a*s[t];
a = 1.0 – sin(2.0*M_PI*r*l/(double)Fs);
y_R[t] = a*s[t];
l = (l+1)%(10*Fs);
●信号処理用変数の宣言部
int   D;                         // くし型フィルタ用遅延●信号処理用変数の初期設定
D = 0.005*Fs;           // くし型フィルタ用遅延●メイン・ループ内 Signal Processing部
y_L[t] = s[t] + s[(t-D+MEM_SIZE)%MEM_SIZE];         // 遅延信号を加算
y_R[t] = s[t] – s[(t-D+MEM_SIZE)%MEM_SIZE];         // 遅延信号を減算
p.58 表3.7 /DDプログラム/実行方法/
DD_BPF speech.wav myroom_clap.wav/RTプログラム/実行方法/
RT_BPF myroom_clap.wav
/DDプログラム/実行方法/
DD_IR_convol speech.wav myroom_clap.wav/RTプログラム/実行方法/
RT_IR_convol myroom_clap.wav