ESP32開発ボード Micro Python開発環境の構築

ESP32は,Espressif Systems社が開発したWiFi/Bluetooth接続できる安価なマイコンです.プログラミングは,C/C++言語に似たArduino言語やMicroPython等で行うことができます.

ここでは,ESP32で動作するMicroPython言語のプログラミングをするためのファームウェアを書きこむツールとしてesptool,またESP32に実行プログラムを書きこむツールとして,ampyのセットアップ方法を紹介します.なお,本例ではESP32-DevKitCを使用します.

 

・下記のサイトより使用する開発用PCのOSに対応するUSBドライバー(CP2102)をダウンロード,インストールを行います.

本例では,Windows版の「CP210x Windows Drivers」をインストールします.

https://jp.silabs.com/developers/usb-to-uart-bridge-vcp-drivers

※他の開発ボードを使用する場合,適宜対応したUSBシリアル変換モジュール用のドライバーをインストールしてください.

※インストール後.開発用PCとESP32ボードをUSB接続し,デバイスマネージャー上でCOMポート名を確認します.(本例では,COM22)

 

・下記のサイトよりESP32用のMicroPythonのファームウェアをダウンロードします.

https://micropython.org/download/esp32/

※本例では,「v1.17 (2021-09-02) .bin」をダウンロードします.

 

・開発用PCのPython環境にesptoolをインストールします.

コマンドプロンプトを起動し,「pip3(またはpip) install esptool」を実行します.

※以下はWindows環境での実行例(Pythonのインストール先を「C:\Python\Python39」とし,環境変数Pathに「C:\Python\Python39」,「C:\Python\Python39\Scripts」を登録しているものとします)

※Python3,pipがインストールされていない場合は,インストールしてください.

 

・USBでESP32-DevkitCと開発用PCをUSB接続後,以下のコマンドで既存のファームウェアを削除します.

esptool.py –chip esp32 –port {認識されているCOMポート名} erase_flash

※以下はWindows環境での実行例

 

・ダウンロードしたMicro Pythonのファームウェアを,下記コマンドで書込みます.

esptool.py –chip esp32 –port {認識されているCOMポート名} –baud 460800 write_flash -z 0x1000 {ファームウェアファイル名}

※以下はWindows環境での実行例

 

・開発用PCのPython環境にampyをインストールします.

「pip3(またはpip) install adafruit-ampy」を実行します.

※以下はWindows環境での実行例

・ampyの使用例

「ampy -p {認識されているCOMポート名}  put {Pythonスクリプトファイル名}」でスクリプトを書込,実行します.

※下記例では,「main.py」に25番ピンに接続されたLEDを1秒毎に点灯,消灯を繰り返すスクリプトを記述