[USBセミナ]10Gbps伝送を実現する物理層とその評価

[USBセミナ]10Gbps伝送を実現する物理層とその評価

セミナ申込:https://seminar.cqpub.co.jp/ccm/ES19-0175

【開催日】2020年3月12日(木) 10:00-17:00 1日コース
【セミナNo.】ES19-0175  【受講料】20,000円(税込)
【会場】テクトロニクス社 セミナールーム

 

本セミナでは,USB 3.2の10Gbps物理層を支える技術を,オシロスコープで信号波形を観測しながら説明する.
・リセットや接続検出を行うLFPS(低周波周期信号)
・10Gbpsのサポートを通知するLBPM(LFPS Based PWM Message)
・TS1,TS2,TSEQなどの信号
・イコライザの効果.ArbFilterファイルを使ってTP2からTP4の波形を再現
・シンボル間干渉の実例(BSA12500ISI)
・TxEQを変えて,その効果と限界を見る
・リタイマ,クロック・データ・リカバリ(CDR)の効果
さらに,測定技術としてコンプライアンス・テストを実演しながら説明する.
・コンプライアンス・パターンを実波形を切り替えながら説明
・コンプライアンス・テスト:TxおよびRx双方を実施

 

■関連書籍

USB 3.2のすべて[購入

 

USB Type-Cのすべて[購入

 


セミナ申込:https://seminar.cqpub.co.jp/ccm/ES19-0175

USB Gatewayのトップページに戻る